--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.29(Mon):雑記
明日から沖縄です(突然
修学旅行で3泊4日してきます
沖縄行くの初めてなので割りと楽しみです。はい。

DMの権利戦が昨日で終了になりましたね
私は結局権利は取れずじまいでした
ここ最近はずっとVGのほうに力を入れてたというのもあってデッキ構築などがずさんでした・・・
身内に権利取得者が結構いるので地区予選でいい成績を残してもらいたいですね
その前に自分のVG地区予選があるのですが・・・

タイトルをコレにしといてVGについて触れないのはどうかと思うので少しかげろうについて。
全デッキの中で最も安定感のあるかげろうのプレイングについてですが私が気をつけている点は
・R前衛を枯らせない
・ペルソナブラストは使えるときに使うが固執しすぎない
の2点です
「え?書くほどのことなの?」という感じはありますが基本というのはすごく大事です

まず1点目ですが
R前衛を枯らせないというのはこのカードゲームにおいて基本中の基本、普通にプレイングしてればまずありません
無理やりクロスライドをしV単機、もしくは3面立てれないというのをたまに見かけるのですが、G3ライド時前衛要員がオーバーロード含め2枚以下ならしないほうがいいです
「クロスライドはアド損」といわれる所以です
ただアクアフォースなど、「クロスライドできれば圧倒的有利に立てる」という相手の場合無理やりすることも視野に入ります
柔軟に、柔軟に

2点目ですが
ジエンドのペルソナブラストはゲームの性質上すごく強力な能力なのですが「R前衛として出すカードがない」状況で2枚目のジエンドをキープしVのみでアタックするなど言語道断、さっさとペルソナを諦めてRに出してしまいましょう
1点目と似通う点がありますね
それにかげろうにはバーサークやキンナラという強力なCB効果をもつユニットがいます
相手がジエンドの攻撃をもう通しそうにないと感じた場合は即ペルソナ放棄でバーサークを使っていきましょう
単純計算ですがバーサークでインターセプトを潰してガード値-5k、ブースト込みアタックで-10k、合計15kのガードを使わせたことになります。これだけで十分なアドバンテージです
相手や状況によってはブースト要員を焼くのもありです
たとえばココサクヤなどのオラクルの問題児トムはジェミニの支援を受けないとこちらの11kVに10k要求をすることができないのでジェミニを焼く、相手の手札を覚えていてG1をあまり持っていなさそうなら焼く、などなど
ジエンドのペルソナに固執しすぎて手札にずっとジエンドを腐らせる・・・などのないようにしたいです

以上かげろうのプレイングについて触れましたが、1点目は言うまでもない基本であり他のクランでも言えることです
基本はどんなことにおいても大事であり忘れてはいけないものです
スポンサーサイト
2012.10.27(Sat):考察
一発目はプラチナエイゼルについてです
ゴールドパラディン待望(?)の素11k、クロスライドで13kになる防御力、強力なワンチャン・フィニッシュ力のある全パンプ能力と高いポテンシャルを秘めたカード 欠点は能力起動条件が五点時である、展開を強いる能力でありながら自身でアドバンテージを稼げないなどなど
私の意見としては良調整カードであると思います

プラチナの相方考察ですが
クロス元のエイゼルは不安定ながらもスペコ効果持ちですがLB4のため効果を使うことなくクロスライドすることになると考えられます。クロスライド時は13kという高パワーの防御力を発揮することができるでしょう
ゴルパラの展開担当であるガルモールと組ませる場合コストを喰い合うのでガルモールは1回しか使えないと考えてよいでしょう。さらに再ライドから能力起動となると全面展開する場合ハンド枚数がきつくなると思われます
ヴォーティマーは連携成功時の展開力は他の追随を許さないのでプラチナと相性がいいと考えられますがそれは「連携成功時」かなり運の要素が絡んでくるので安定性は捨てることとなります

相方はそれぞれに利点欠点があり一概にコレといったものはありません
これからの研究次第と言わざるを得ません
私自身もそれぞれと組んだ軸を作成し考察を続けています

では私が組んだものではありますが暫定のブロンドエイゼルと組んだ軸のレシピを

プラチナブロンズ
G3 7枚
プラチナエイゼル×4
ブロンドエイゼル×3
G2 11枚
ボーマン×4
トリップ×4
マスター・オブ・ペイン×3
G1 15枚
ガレス×4
マルク×4
すれいがる・ダガー×4
シルバーファングウィッチ×3
G0 17枚
FV キルフ×1
☆7引5治4

デッキ説明
トリップ:CB回復要員 コストをプラチナ1点に絞っているのでヒット時回復で2t連続で発動することができます
マスターオブペイン:5点時に使える能力ということもあり自爆互換はなんとしてもほしいところです
シルバーファングウィッチ:展開補助、素11kであるプラチナの登場で採用しやすくなったと思います

とまぁこんなところでしょうか
初めての考察まとめということで至らない点はすごくあると思います
これからの研究の進行具合で記事の更新はしていきたいと思います




...疲れますねコレ
一発目ということもあり考察まとめにしては薄っぺらな内容になってしまった感がひしひしと・・・
思いついたことは随時書き足すのでそのうち充実するんじゃないかな(ぉ
こんな感じでこれからも行きたいと思います
続くかは知らん!

それではこのへんで
ノシ
2012.10.27(Sat):未分類
どうも、雅紅です
人生三度目のブログ一新です(
今回は長く続くかなー? すぐ忘れちゃうかなー?

とりあえずネタが続く限りはDM、VG等の個人的考察をまとめていきたいと思いますので
あたたかい目(?)で見守ってやってください
一発目は挨拶のみで
次記事で早速VGの新カードとそのデッキ構築を考察したいと思います
ではでは~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。