--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.10(Wed):考察
頭ではわかっててもブログ更新するのは実行してなかったよね()

お久しぶりです
七割忘れてて三割書くことなくて放置してましたはい


名古屋地区で地区予選出ます
大阪住みなので一番近い京都で出たかったのですが京都地区は土曜日開催で土曜日は学校があるので断念して次に近い名古屋を選択しました
みなくるCS以来二度目ですね名古屋

その名古屋地区で握るデッキまだ決めてないので現在調整中です
一応解放者か撃退者の二択には絞ってます
ということでこの二つのデッキ構築の考察などをあと五日しかないですがやってきます

解放者について

解放者はアルフレッド、エスクラドなどを筆頭としたとにかく殴るデッキ
とにかく並べて殴れ。 この一言に尽きると思います
ガントレッドやディセンダント、レイジングフォームのようなダメージレースをぶっ飛ばす性能のVがあるわけでもなく、かといってRで超パワーを叩き出すわけでもない、つまり通常のパンチのみで6点詰めないといけません
解放者のメインVであるアルフレッドはV26kの高出力で殴ることができますが完全ガード1枚で沈黙してしまいます
裏を返せば完全ガードを握られる前にゲーム展開を終盤まで持っていってしまえばその高出力で踏み潰すことができる
ということでこのデッキが目指すのは2t目から2パン3パン、極端に言えば後1からの2パンといった速攻気味の動きをエスクラドやアルフレッド、12弾で追加されたばーくがる解放者のスペコ能力を絡めつつ行いゲームの流れで言う序盤、中盤、終盤の中盤をすっ飛ばして終盤まで持っていきアルフレッドの高出力で落とす といった展開が理想かと思われます

デッキとしての問題点は
1.基本的に事故回避がマリガンしかない:手札を入れ替えるユニットやキルフサイクルやぽーんがるのようなサーチカードが一切ありません 一応FVにシズク互換を採用するといったのがありますが解放者でシズク互換を取るのに決め手となる強い要素がありません

2.メインV不足:端的に言うとアルフレッド以外に「乗って戦い抜ける」性能を持ったVがいません 12弾でガルモールが追加されこの問題については少し改善されたといってもいいですがガルモの追加は個人的にはこの問題の解決になっていないと思っています 前述した手札入れ替えなどのユニットがないことも合わさり割と深刻な問題です

大きな問題はこの二つ
要するに事故がおきやすい
10弾以降抹消解放のツートップとして走ってきて解放者はまったく結果を残しておらず抹消者ばかりが結果を残している起因はここにあると考えられます

そんな解放者のG3達

アルフレッド:序盤から使えるECB2でのランダムスペコとLB後の超パワーで相手を上から踏み潰す言わずと知れた解放者のメインV

ガルモ:12弾であのガルモールが解放者になって帰ってきた! LBECB3でRの空きの許す限りトップからランダムスペコを行う超展開能力 一見ものすごいアドバンテージを生むように見えますがECB3の重さと解放者というデッキの戦法と噛み合いがよろしくないなかなか扱いに難しい子

カドー:Vヒット時ECB1でトップからスペコができLB+5kを持った10kな子 解放者はトップスペコを多用するので後列にトリガーがいることが多々あり、その場合前においてラインを組めない10kというのはかなり弱いです。能力自体もさして強力なわけでもないので採用することはないかなと思います

ガンス:孤高じゃなくなった人 BRによるV打点向上+R三枚選択パンプによるごり押し性能はピカ一 問題なのはBRである一点

ブレオベリス:解放者BR二種目 BRCB1でトップから2枚見てスペリオルコール BRであること、そしてガルモと同じで解放者というデッキの戦法と噛み合いがよろしくないことが問題


久しぶりの更新ってことで若干気合いれました疲れました()
多分解放者ってデッキはこんなデッキ
ほんとはG2からFVまで紹介して考察するつもりだったんですけど力尽きたのでここまでにします
すげー久しぶりに長文書いたからおかしいとこあっても生温かい目でスルーしてあげるかこっそり教えてくださいな(?)
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://touryuudazei.blog75.fc2.com/tb.php/15-ef948f88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。