--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.18(Tue):考察
どうも雅紅です
ブログの存在を忘れること、あると思います。

新制限が発表されてからはや1週間が立ちました
少し遅くなりましたが新環境に対しての考察を少々

これから台頭してくるであると予想されるデッキはココサクヤとアクアフォースでしょうか
ココサクヤは制限によるかげろう、ツクヨミ、マジェ、騎士王の消滅、及び減少で環境トップ次点に位置づいていたのが相対的に環境トップに躍り出ると思われます
アクアフォースも天敵であったかげろうとマジェの規制により今では下火になってしまっていたのが一気にトップまで上がってくると思われます

他には☆3種目を獲得しV火力に秀でプラチナによるフィニッシュ力も侮れないゴールドパラディン、使いどころによれば相手を詰ませることができそれでなくとも勝負の流れを引き寄せることのできる一撃能力を擁するなるかみ、ジエンド騎士王の制限により復権したオバロゴクウ、バロミセイバーなどさまざまなデッキが次期環境トップ候補として挙げられます
ヴァンガードの環境は今まさに群雄割拠の時代になったと言って差し支えないでしょう

新制限による影響は他に「ゲームスピードの高速化」が考えられます
と、いうのもロースピードで盤面制圧するいわゆる「コントロール系」と呼べるデッキが軒並み環境からフェードアウトするからです
強力な除去持ちユニットを搭載した今まで環境に居座っていたかげろう、ロイヤルパラディンの減少に伴い早期の3面展開からのビートダウンがしやすくなったのも理由の一つです

・・・とまぁ軽く考察垂れ流してみたものの
実態は「捲ったほうが勝つ」ゲームが加速したあらゆるデッキがワンチャンあるというとてもカオスな環境になりそうなんですよね
というのも捲り数をごまかせるカードパワーを持ったカードが軒並み規制されちゃったのが原因ですね
はてさてどんな環境に仕上がるのやら・・・

余談ですがジエンドしか所持していない私なのですがジエンドは売らずに年内いっぱいは働いてもらうことにしました
さて新環境何組もうかなぁ(白目
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://touryuudazei.blog75.fc2.com/tb.php/8-f50d2c09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。