--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.10(Thu):デッキレシピ
シュテルンギャラクシー
■グレード 3
4 x ギャラクシー・ブラウクリューガー
4 x シュテルン・ブラウクリューガー
■グレード 2
4 x マルス・ブラウクリューガー
4 x ブラウクリューガー
3 x グローセ・ベーア
■グレード 1
4 x フラワーレイ・レプラカーン
4 x ブラウ・ドゥンケルハイト
4 x ストイック・ハニー
2 x ドグー・メカニック
■グレード 0
1 x モルゲンロート
4 x 獣神 レスキューバニー
4 x 獣神 バンパウロス
4 x 獣神 デススティンガー
4 x レッド・ライトニング

モーントがギャラクシーと微妙に噛み合っていないので相方にクロス元であるシュテルンを据えてみる
レプラカーンは先攻をとった場合に相手の7kライドに対して立てて能力起動で速攻を仕掛けるカード
シュテルンもギャラクシーもその強さのひとつに速攻性があげられるのでそこを伸ばしてみようという形
g2素クリューガーに乗れなかった場合シュテルンが10kのままなので注意
2013.10.05(Sat):デッキレシピ
お久しぶりです
ブログの存在忘れてて更新すっぽかしてました
何回か思い出して更新するか…と思ったんですけどネタなかったんですよね()

昨日ノヴァEBの情報でましたねー
ということでギャラクシー・ブラウクリューガーの雛形でも

■グレード 3
4 x モーント・ブラウクリューガー
4 x ギャラクシー・ブラウクリューガー
■グレード 2
4 x マルス・ブラウクリューガー
4 x ブラウクリューガー
3 x グローセ・ベーア
■グレード 1
4 x ポラール・シュテルン
4 x ブラウ・ドゥンケルハイト
4 x ストイック・ハニー
2 x フラワーレイ・レプラカーン
■グレード 0
1 x モルゲンロート
4 x 獣神 レスキューバニー
4 x 獣神 バンパウロス
4 x 獣神 デススティンガー
4 x レッド・ライトニング


ギャラクシーが能力起動する際にブラウ名称を要求するのでブラウ名称のアタッカーを12
ギャラクシーの能力は先上がりで真価を発揮するのでG1に自爆互換を4

とりあえず最低限(?)のパーツは公開されてるのでこれから回しながら調整
正直ブラウ名称のアタッカーが薄い上にほぼ9kバニラが一種入ってる現状なのであと1種G2にブラウがほしいとこではありますね

シュテルンはなんだかんだで愛着のあったデッキなので真面目に考えていこうかなーと思います
2013.07.16(Tue):デッキレシピ
撃退者
■グレード 3
4 x 撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン
4 x 幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム
■グレード 2
4 x 虚空の撃退者 マスカレード
4 x ブラスター・ダーク・撃退者
3 x 黒衣の撃退者 タルトゥ
■グレード 1
4 x 暗黒の撃退者 マクリール
4 x 督戦の撃退者 ドリン
3 x 無常の撃退者 マスカレード
2 x 撃退者 ダークボンド・トランペッター
■グレード 0
2 x 魁の撃退者 クローダス
4 x 氷結の撃退者
4 x 暗黒医術の撃退者
4 x 厳格なる撃退者
4 x 撃退者 エアレイド・ドラゴン

vaultのデッキレシピ変換って機能初めて知りました・。・

クロスライドを意識して18k↑ラインを作れるカード12枚
ボンドのカードパワーをあげるためにクローダスをメイン投入
が構築のざっくりとしたポイントです
クローダスメイン投入はギリギリまで悩みましたがクローダスない場合のボンドのプレイを確立し切れなかったためそこをごまかす意味で投入しました。完全に調整不足です

調整時間の不足もあり完全に納得のいく構築で望むことはできませんでした

結果は予選全勝一位通過からの決勝トナメ一回戦時間切れ両者敗北という非常に悔しい結果となってしまいました
レポートは後日書くかも
2013.07.14(Sun):考察
(レイジングべちこんしながら

地区まで毎日更新しようかなぁと思ってたらいつの間にか地区大会二日前
前日入りして名古屋で一夜過ごしてから地区に挑むので地区前最後()の更新ですね


撃退者基本戦略について

リソースあまり増えない相手→ダーク連打で前列飛ばしまくってリソースレース有利にしながらレイジングべちこん

リソースわりと増える相手→タルトゥ、ダークボンドでリソースレース平行にしながら最終的にはレイジングでダメージレース一気に制す

最終的に目指すのはレイジングフォーム能力によって〆る展開
周りが優秀なので「能力なしでも普通に戦っていつの間にか勝ってた」みたいな展開もありうる


モルドレッドについて

基本的にアド損しないBRなので狙って動くのも有力な択

乗せるG3を引き込めなければバニラも同然だが周りが優秀なのであまり問題ではない
乗せる3もダークもタルトゥもボンドも引かない展開はレイジング乗ってても多分負け試合になってる


対クロスライド

クロスライドはタルトゥ、ダークのCB変換によりゲームを構築するので12k↑作られると要求値を下げることができレイジングのペルソナライドに対しても多少強く見ることができるのでクロスライドを相手取った場合立ち回りが非常に大事となる
意識すべきは11k↑のアタッカーを大事にすること、レイジングフォームのパンプのためにCBを残すことの二点
基本的にクロスライドというのは「アタッカーを一枚破棄しVのパワーを上げる」ということなので基本戦略であるダーク連打が有効になる場合が多い
クロスではないが12k↑を作ってくる相手にマジェスティがいるが完成に前列を2枚飛ばす必要があるのでうまくダークをあてがえば前列の枯渇に繋げることができる


ということで撃退について細々としたまとめ
前回の解放者は使用者の数に対してデッキ単位で考察してるとこがなく微妙に需要あるかなーとか思いながら書いたのでかなり真面目な内容でしたが今回はメモみたいなまとめです
撃退者は他と比べ比較的扱いやすいデッキの部類に入ると思いますが思考停止で使えるデッキなんて存在しません、必ず意識すべき点などがあります

最後に撃退者で一番かわいいのはダークボンドちゃんだと思います
2013.07.10(Wed):考察
頭ではわかっててもブログ更新するのは実行してなかったよね()

お久しぶりです
七割忘れてて三割書くことなくて放置してましたはい


名古屋地区で地区予選出ます
大阪住みなので一番近い京都で出たかったのですが京都地区は土曜日開催で土曜日は学校があるので断念して次に近い名古屋を選択しました
みなくるCS以来二度目ですね名古屋

その名古屋地区で握るデッキまだ決めてないので現在調整中です
一応解放者か撃退者の二択には絞ってます
ということでこの二つのデッキ構築の考察などをあと五日しかないですがやってきます

解放者について

解放者はアルフレッド、エスクラドなどを筆頭としたとにかく殴るデッキ
とにかく並べて殴れ。 この一言に尽きると思います
ガントレッドやディセンダント、レイジングフォームのようなダメージレースをぶっ飛ばす性能のVがあるわけでもなく、かといってRで超パワーを叩き出すわけでもない、つまり通常のパンチのみで6点詰めないといけません
解放者のメインVであるアルフレッドはV26kの高出力で殴ることができますが完全ガード1枚で沈黙してしまいます
裏を返せば完全ガードを握られる前にゲーム展開を終盤まで持っていってしまえばその高出力で踏み潰すことができる
ということでこのデッキが目指すのは2t目から2パン3パン、極端に言えば後1からの2パンといった速攻気味の動きをエスクラドやアルフレッド、12弾で追加されたばーくがる解放者のスペコ能力を絡めつつ行いゲームの流れで言う序盤、中盤、終盤の中盤をすっ飛ばして終盤まで持っていきアルフレッドの高出力で落とす といった展開が理想かと思われます

デッキとしての問題点は
1.基本的に事故回避がマリガンしかない:手札を入れ替えるユニットやキルフサイクルやぽーんがるのようなサーチカードが一切ありません 一応FVにシズク互換を採用するといったのがありますが解放者でシズク互換を取るのに決め手となる強い要素がありません

2.メインV不足:端的に言うとアルフレッド以外に「乗って戦い抜ける」性能を持ったVがいません 12弾でガルモールが追加されこの問題については少し改善されたといってもいいですがガルモの追加は個人的にはこの問題の解決になっていないと思っています 前述した手札入れ替えなどのユニットがないことも合わさり割と深刻な問題です

大きな問題はこの二つ
要するに事故がおきやすい
10弾以降抹消解放のツートップとして走ってきて解放者はまったく結果を残しておらず抹消者ばかりが結果を残している起因はここにあると考えられます

そんな解放者のG3達

アルフレッド:序盤から使えるECB2でのランダムスペコとLB後の超パワーで相手を上から踏み潰す言わずと知れた解放者のメインV

ガルモ:12弾であのガルモールが解放者になって帰ってきた! LBECB3でRの空きの許す限りトップからランダムスペコを行う超展開能力 一見ものすごいアドバンテージを生むように見えますがECB3の重さと解放者というデッキの戦法と噛み合いがよろしくないなかなか扱いに難しい子

カドー:Vヒット時ECB1でトップからスペコができLB+5kを持った10kな子 解放者はトップスペコを多用するので後列にトリガーがいることが多々あり、その場合前においてラインを組めない10kというのはかなり弱いです。能力自体もさして強力なわけでもないので採用することはないかなと思います

ガンス:孤高じゃなくなった人 BRによるV打点向上+R三枚選択パンプによるごり押し性能はピカ一 問題なのはBRである一点

ブレオベリス:解放者BR二種目 BRCB1でトップから2枚見てスペリオルコール BRであること、そしてガルモと同じで解放者というデッキの戦法と噛み合いがよろしくないことが問題


久しぶりの更新ってことで若干気合いれました疲れました()
多分解放者ってデッキはこんなデッキ
ほんとはG2からFVまで紹介して考察するつもりだったんですけど力尽きたのでここまでにします
すげー久しぶりに長文書いたからおかしいとこあっても生温かい目でスルーしてあげるかこっそり教えてくださいな(?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。